ドラゴンバッグを使った最初のブログ投稿!毎月、Joee.frサイトまたはJoéeブティック、69 rue d'Argout、75002Parisにあるブランドのプレゼンテーションまたはインタビューを試みます。

Craig Wrightによって作成されたベルギーの編組レザーブランドであるDragonは、編組レザーがファッショナブルになり、スタイリッシュで時代を超越したトートバッグを開発するのを数年前から待ち望んでいませんでした。 Joéeストアも、冬と夏にオープンするとすぐに、その美しい製品(バッグや靴)を発表するのを待ちきれませんでした。この温かい歓迎をありがとうございました!

インドの職人ユニットでは、すべてのバッグが手作業で作られ、織られています。この記事のビデオの小さなデモでは、ワークショップと手織りの革製バッグの製造について説明しています。これらのバッグ、並外れた品質のバスケットは何年にもわたってあなたに付き添い、あなたは休暇中だけでなく街でもそれらを身につけるでしょう。さまざまな革の織り方、杖、色の組み合わせ。 各ドラゴンバッグには2〜3週間の作業が必要です。 2018年夏にフラットモカシンモデルを選びました。来春には新しい素晴らしい色が登場し、編みこみのレザーバッグに加えて、衣装を完成させるための壮大なサンダルが登場します!

ニュージーランドにルーツを持ち、ブリュッセルにある彼のオフィスからインドにある彼の工場まで、ブランドのデザイナーであるCraig Wrightは、彼が作るすべてのバッグには物語、人生があると言います。

クレイグは織り革を専門としており、インド(チェンナイ近郊)に独自の織り生産ユニットを建設し、彼のブランドであるドラゴンと他のいくつかのブランドのすべての織り革バッグを製造しています。

よく使われているバッグの古びた緑青を与えることができるのは時間だけです。どこにでも持ち運べるバッグで、たくさんの物語を語ることができます。

古くからの伝統的な革、熟練した職人、先祖代々の織り技術を「決して忘れない」という時代を超えた表現。

ドラゴンバッグはこのように作られ、これがドラゴンバッグのすべてです。永遠であり、使用され、アンティークです。ニュージーランドのルーツ、ブリュッセルのオフィスからインドの工場、ブランドのデザイナーであるクレイグライトまで、彼が作るすべてのバッグには物語、人生があると言います。

クレイグは織り革を専門としており、インド(チェンナイ近郊)に独自の織り生産ユニットを建設し、彼のブランドであるドラゴンと他のいくつかのブランドのすべての織り革バッグを製造しています。

よく使われているバッグの古びた緑青を与えることができるのは時間だけです。どこにでも持ち運べるバッグで、たくさんの物語を語ることができます。

古くからの伝統的な革、熟練した職人、先祖代々の織り技術を「決して忘れない」という時代を超えた表現。

ドラゴンバッグは、そのデザイン、構想、定性的で手作りの製造で高く評価されています。これが、ドラゴンバッグを市場に出回っている他のバッグと区別するものです。

----

2016年末にパリの中心部にパレロワイヤルから目と鼻の先にオープンしたJoéeコンセプトストア。美しい機密作品や美しい素材を常に探しています。

女性専用のブティックは、ジュエリー、バッグ、スカーフ、洋服、靴、デザイナーアクセサリー、その他の小さなエレガントな驚異など、美しい作品を見つけるための私室として設計されました。

小さなシリーズで新しい流行のブランドや独占モデルを定期的に発見します。

オンラインまたは店舗でコレクションを見つける国際的なニッチデザイナー。


Laissez un commentaire